笑顔に潜むほうれい線の落とし穴…

人とコミュニケーションをとる時、なんと言っても笑顔ってとっても重要です。魅力的な笑顔、可愛らしい笑顔。私もなるべく明るく元気な笑顔で人に接しようと、心がけて過ごすようにしています。しかし…そこには信じられない落とし穴が潜んでいるんです。それはまさに、「ほうれい線」という名の、笑顔の裏に潜む呪い。

あんなに自分も周りもハッピーにさせてくれる笑顔の後に、ふと鏡を見てビックリですよ。くっきりと顔に刻まれてしまったほうれい線のひどい線。しかも、あんなに念入りにお化粧したのが悲しくなるほど、ほうれい線の化粧は崩れてしまい、かえってほうれい線をアピールするかのようなファンデーションの線がついてしまっているんです。楽しく笑顔でいたことを一瞬にして後悔したくなってしまうような、鏡の前の自分のほうれい線。あんなに大口で笑ったり楽しく過ごした今までの時間を一瞬で忘れたくなるほどの、鏡に映る自分のほうれい線。なんであんなにアピールしてくるんでしょうか。

言い訳するなら元々私は、ほうれい線がくっきりと顔に刻まれているタイプの顔です。若い頃は大して気にしてなかったのですが、やはり年齢を重ねると共に、お肌のごまかしが効かなくなってきました。毎日、なかなか念入りにお風呂あがりにスキンケアをして、シワ対策のクリームやオイルを塗っても、気づけばこのありさまです。なんとも我ながら情けないやら、やるせないやら、悲しい気持ちになってきてしまいます。

人ってほうれい線がくっきりと見えるだけで、かなり老けたイメージになるもんです。30歳を過ぎて、本当にみるみるお肌は乾燥してくるし、潤いもなくなってしまいました。若さでカバーできていた部分は、もう努力でカバーしていくしかないんだと、日々実感しています。prp ほうれい線でかなり薄くなるということなので、試してみようと思っています。笑顔の後のくっきりほうれい線は憎いけど…どうこう言っても、やっぱり今日もハッピーになれるような笑顔で、たくさん過ごせたら良いなと思うのでした。